ライブ

日本ガイシホールの座席表アリーナとスタンドの見え方はどうなのか徹底調査!

日本ガイシホールで行われるアーティストのチケットを購入して座席表がわかったら

まず確認したいのが

  • 座席表の場所!(アリーナorスタンド)
  • そして一体どんな見え方なのか?

一番知りたいですよね。

自分の持っているチケットの座席表は、一体どんな見え方なのかどうか!

そこで今回は座席表が【アリーナ】だった場合と【スタンド】だった場合で

どんな見え方なのか詳しく解説していきたいと思います。

 

日本ガイシホールの座席表!アリーナとスタンドの見え方は?

日本ガイシホールは、キャパが最大で1万席なので他のライブ会場と比べると規模が小さめです。

ありがたいことにどんな席でも「よく見える…!!!」と感じられる人が多いので、好きなアーティストが「日本ガイシホール」で開催され当選された方は超当たりだと個人的に思います。

それでは、「どれくらい見えるのか…?」「アリーナだった場合とスタンドだった場合」の座席表で画像でどんな見え方なのかについてご紹介していきます。

日本ガイシホールの座席表アリーナの場合!

日本ガイシホールのアリーナ席は、ステージの前にパイプ椅子が並べらている席です。

前方の方だとメインステージが近いため、アーティストは肉眼で見える席だと言えます。

ですが後方になると観客の後ろ姿がかなり入ってきて遠くなり、なかなかメインステージで歌うアーティストが肉眼で見えにくくなってしまいます。

しかし、日本ガイシホールで行われたライブでは、サブステージが設置される場合があります。

例えば、ENHYPEN、東方神起、宮野守さんやももクロのライブでは花道やサブステージが真ん中に設置されており、サブステージステージ側で歌う際にはとっても見やすい席になります!

 

こればっかりはアーティストのアリーナの座席設置の組み方でかなり変わってきますが

もし、サブステージが設置される場合は後方の席でも肉眼でアーティストの姿を見える可能性がグッと高まるので近くで見る事が期待できますね!

 

日本ガイシホールの座席表スタンドの場合!

日本ガイシホールは、11列目からスタンド席となっているので11列目が最前列となります。

なのでガイシホール21列目となれば最前列で見えるのでとっても見やすい席です。

少し後方列になってもガイシはコンパクトなので見やすいとも言われています。

スタンド席かなり近そうに感じますよね↓

 

日本ガイシホールで見えない席はどこ?

とはいえ、かなりスタンドで後方となった場合見えにくい席はどこなんだ?と思う方も多いと思います。

スタンド席後方の見え方はこんな感じです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

大澤あきら(@akirako_ohsawa)がシェアした投稿

肉眼で見るには少し厳しいカモしれませんが、ステージ全体が見渡せて綺麗に見えそうです。

もしトロッコなどが走る予定のライブでは、肉眼で綺麗に見えることもできそうです。

日本ガイシホールの宿泊施設!

徒歩圏内で日本ガイシホールへ行ける宿泊ホテルをご紹介します!

「名古屋笠寺ホテル」は「日本ガイシホール」まで徒歩6分で一番アクセスが便利な立地です。

泊まるなら「名古屋笠寺ホテル」が1番近いのでライブ日程が近づくにつれてあっという間に予約が埋まってしまいます。

泊まるホテルに悩んでいる方はぜひ早めに予約しておくと良いですよ!

2番目に近いホテルが「和のホテル新月」です。「日本ガイシホール」までは徒歩10分なのでこちらもおすすめのホテルです。

近くに24時間営業のコンビニがあるので、飲食や忘れものをしてしまった場合でも安心して過ごせます!

そして、最寄の駅「笠寺駅」が徒歩5分で行けるのでアクセスにも便利です。

ライブ前は人気ホテルなのでこちらも早めの予約をおすすめします!

まとめ

今回は、日本ガイシホールの席順がアリーナ席だった場合とスタンド席の場合で見え方がどうなのか?や見えない(見えにくい席)についてご紹介させていただきました。

日本ガイシホールは全体的にコンパクトなライブ会場なので、アーティストとの距離感が近くどこも満足いく席である印象です!

これからライブ会場へ行かれる方はぜひ楽しんで行って下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。